便秘が続くと腹痛で辛かったり、体が重くなってしまったり肌トラブルも起きていいことないですよね。

出来れば、薬に頼らず自分自身で便秘が改善できたらなぁと考えていらっしゃる方も多いかと思います。

今回の記事ではそんな方に向けて便秘になる原因と解消法をご紹介します。

なぜ便秘が起こるの?

まず便秘とは、3日以上排便がない状態のことと定義されています。

そして、便秘と言っても種類がいくつかあります。

代表的なのは弛緩性便秘。これは大腸の運動が低下し、大腸内に便がたまってしまいおこる便秘です。

次に、高齢者や寝たきりの方に多い直腸性便秘。

排便のサインが起こらず、結果的に我慢している形になってしまうことで起こる便秘です。

最後に精神的なストレスが原因で副交感神経が過度に興奮することで腸管の機能が衰えてしまう痙攣性便秘です。

他にも、器質性便秘といって大腸がんなどの病気が原因で起こる便秘もありますが今回は器質性便器だけは性質が少し違うため、横に置いておきます。

生活リズムと食生活を整えよう

1章であったように便秘の原因は大腸の不調によるものです。

大腸はリズムが乱れると不調を起こしやすい臓器なので、生活リズムを整えることで大腸を健康に保つことができます。睡眠時間や食事の時間を一定にしましょう。

では、食事ではどのようなことに注意するとよいのでしょうか。

食物繊維と水分を十分摂取するように心がげましょう。

食物繊維は穀物・いも類・豆類・果物などに多く含まれていることが多いです。

和食のメニューを中心にデザートには果物を食べるといいかもしれませんね。

水分をしっかり摂取すると便が柔らかくなり排出しやすくなります。

朝起きたらコップ一杯の水を飲むといったような生活習慣を身に着けると腸の動きも安定します。

さらに、腸内環境を整える食品は大腸の活動を正常なものにしてくれます。

ヨーグルトや納豆などは乳酸菌、ビフィズス菌を含むため便秘改善が期待できます。

運動を心がけよう

食事だけではなく、運動も便秘改善には効果があります。

特に腹筋を鍛えることで便を押し出す力を強くすることができます。

腹筋が弱まってしまうと自然と腸の緊張も低下してぜん動運動も弱くなってしまいます。

と言ってもそんなに腹筋なんて頑張れない…という方もいらっしゃいますよね。

そんな方におすすめなのが呼吸をするときにお腹から息を吐くことを意識することです。

ずっとではなくていいので気づいたときにやってみてください。

また、姿勢よく座ることを意識することで自然と腹筋を使うことができます。

まとめ

便秘になってしまうのには必ず原因があります。自分がどの便秘に当てはまるのか考えて解消法を実践していくことで便秘を改善していきましょう。

おすすめの記事