いつまでマスク?マスクによる、肌荒れが気になる方へ

コロナ禍で、どこに行くにしてもマスクが必須でマスクをしていないと入れないお店もあり、公共交通機関などでマスクをしていないと何より周りからの視線が痛い…という時代となってしまった今。

でも、気づくとマスクをしている部分にニキビができて肌荒れがひどくなっているというお悩みを持っている人が急増しています。

今回はマスク時代のスキンケアについてご紹介していきます。

マスクをしているとなぜ肌荒れがひどくなるの?

マスクの中は、自分か吐いた息で温度や湿気が高くなっていて雑菌が繁殖しやすい状態になっています。汗や皮脂が増加してしまうためニキビができやすくなります。

また、マスクをつけたり外したりすることや話していてずれてしまった後に直したりすることで摩擦が起きてしまい、肌の表面が削られバリア機能が低下してしまい、肌がとてもデリケートな状態になるのです。

夜のスキンケアはどうしたらいい?

マスクをするようになるとどうせ人に見られないからという意識の低下からスキンケアを怠ってしまっていませんか?

マスクだからこそスキンケアに気を付けなければマスクを外すときに悲惨な思いをすることになります。

化粧品は低刺激で肌に優しいものを選択するようにしましょう。

そして、自分でケアする時も丁寧に優しく肌に触れるようにしてください。

洗顔はしっかりと泡立てて肌に乗っけるだけのようなイメージで行ってください。

汚れを落とそうと強くこすってしまうと肌を傷つけてしまい、逆効果になってしまいます。

流すときはシャワーを直接当てるのではなく、ぬるめのお湯を手で水をすくい上げてからこすらずに優しく洗い流しましょう。

洗顔後には保湿力の高い化粧水や美容液を使用し、その潤いが逃げないように乳液やクリームをつけてあげましょう。

マスクをつけるときにはどうする?

朝、メイクをする前に保湿性の高いクリームをつけると効果的です。

特にマスクが直接触れて赤くなってしまう部分にはしっかり塗ることで皮膚を保護することができます。

メイクをする際には厚化粧にならないように注意しましょう。

かといってメイクをしないのもNG

適度なナチュラルメイクをすることで肌トラブルを防ぐことにつながります。

マスクは肌当たりの優しい素材に変更することで摩擦を減らすことができます。

また、不織布マスクは必ず使い捨てにするようにしましょう。

もったいないからと何日も使い続けることは雑菌が繁殖する一番の原因になります。

布や綿のマスクは手もみ洗いをし、洗剤をしっかり流すことで清潔に保つことができます。

まとめ

マスクが必須の生活と言っても飲み物を飲むときなどふとした瞬間にマスクを外すことはあります。

そんなときに荒れきった肌を人に見せるのは恥ずかしいですよね。

マスク時代だからこそスキンケアに気を使って、いつかマスクがいらなくなった時に堂々としていられる肌をいまから作っていきましょう。

 

 

おすすめの記事