梅雨の湿気に負けないヘアケアの鍵は「ヘアオイル」の使い方

またこの時期がやってきましたね。

毎日雨ばかりで気分もなんだか憂鬱になってしまう…梅雨。

このシーズンになると、朝どんなに時間をかけてセットしても湿気に負けて髪が広がってしまったりうねってしまったりと悩まれている方いませんか?

今回の記事では梅雨におすすめのヘアケア法をご紹介していきます。

髪が広がったりうねったりする原因は?

そもそもなぜ湿気が高いと髪の毛は乱れてしまうのでしょうか。

大きく分けると原因は2つ。

もともと水分を吸収しやすい髪質や毛量が多いこと、パーマやカラーによるダメージです。

特に傷んでいるところはキューティクルがはがれてしまっていて、そこから水分が入り込んでしまうのです。

ヘアオイルを使おう

髪の毛の水分バランスを整えることで髪の毛の広がりを防ぐことができます。

そんなときに重宝するのがヘアオイルです。

ヘアオイルを使うことで髪に膜を張ったような状態になり、余分な水分を吸収しないようにする効果が生まれます。

また、髪に必要な水分が逃げていかないように保護することもでき、ちょうどいい水分量を保つことができます。

ヘアオイルを使うタイミングはお風呂上りと外出前です。

お風呂上りにはタオルドライが終わった半乾きの状態で使用します。

そうすることで、適度な水分が残った状態のままオイルによって髪に膜を張ることができ、潤いをキープした美しい髪の毛になることができます。

そのあとにドライヤーをかけるようにしましょう。

外出前はオイルをつけすぎると髪にべたつきが残ってしまうため、やや軽めの量にするように注意しましょう。

オイルは手のひらにとってから手になじませるような感覚で指全体にも広げていきます。

そして、髪の内側から髪をかき上げるような感覚でつけていきます。

特に傷んでいる髪の中間から手先にかけて重点的になじませるようにし、最後は手ぐしをするような感覚で全体になじませていきましょう。

ドライの仕方も工夫しよう

ヘアオイルを使用した後のドライヤーの使い方にも注意が必要です。

ドライヤーをかける際は後ろから前に髪を流しながらかけるようにします。

髪の毛の乾かしすぎはダメージを与えることにつながってしまうためご注意ください。

ある程度乾いたら、最後には冷風を髪の毛全体に充てて乾かすことで熱によるダメージを軽減することができます。

まとめ

お風呂上がりのドライ前にオイルをつけるという一工夫加えるだけで梅雨の湿気にも負けない髪の毛を保つことができます。

ぜひ試してみてください。



おすすめの記事