仕事のスキルアップがしたい!そんなときに役立つ資格は?

これからは女性も社会で活躍する時代!

結婚してもバリバリ働きたい、子供に手がかからなくなってきたから働き始めたいと考えている女性も多くいらっしゃると思います。

しかし、これからも働きたいけどスキルアップが見込めないと悩んでいませんか?

今回の記事はそんな方に向けて多くの職種で役立つ資格を紹介していきます。

MOS

MOSとは

MOSとはマイクロソフトオフィススペシャリスト(Microsoft office specialist)の略です。

エクセルやワード、パワーポイントなどのマイクロソフトオフィス製品の利用スキルを証明できる国際資格になります。

デジタル化が進み、事務作業でも営業でもパソコンが必須になりつつある現代では基本的なワードやエクセルが使いこなせないと仕事にならないという場面も多くあると思います。

パソコンができて当たり前になってしまった社会の中でどれほど効率的にワードやエクセルが使えるかは重要になってくることでしょう。

どれほどのレベルが求められるの?

ワードとエクセルには2つのレベルがあり、基礎知識が身につくスペシャリストと専門的な知識が必要なエキスパートに分かれます。

スペシャリストのワードでは基本的な文書作成のスキルはもちろん、文書の印刷や文字のフォント・サイズの変更、表の作成や文字列の挿入、エクセルではセルに数式や簡単な関数を入力したりグラフの作成やオブジェクトの挿入することなどが出題範囲です。

エキスパートのワードではスタイルや索引、ユーザー設定のテンプレートの作成、エクセルでは条件付き書式設定やマクロの作成・変更など専門的な知識が必要です。

パワーポイントにおいては、テキストや図形を挿入したり、スライドショーを実行するためのスキルが問われます。

有利になる職種

まず、様々な職種のオフィスワークで重宝されるのは言うまでもありません。

他にも、営業職であればプレゼン資料の作成にパワーポイントやエクセルを使用します。

販売職では、店舗の運営管理の際に在庫管理などをエクセルを使って行うことができます。

TOEIC

グローバル化した社会の中で、英語力を身につけるのは必須といえる時代になってきました。

TOEICでは合格・不合格という基準はなく実際の点数で自分のスキルを証明することができます。

転職や就活の際には最低でも600点、有利に働くのは700点以上と考えるといいでしょう。

私の職場では英語を使うことはほぼないからとスルーしてしまうのではなく、自分自身のスキルアップとして英語を勉強してみるのも1つの手です。

日本に住む外国人も増加しており、お客さまと英語で話せる社員がいることはとても重宝されることでしょう。

まとめ

今回は幅広い職種で役立つ資格を2つ紹介しました。他にも簿記やITパスポート、FPなど重宝する資格はたくさんあります。

これを機会に自分にあった資格を見つけて勉強することでスキルアップをしていきませんか?



 

 

おすすめの記事